ハンドメイドが大好きです 私の作る作品や日常を読んで 訪れていただいた皆さんにも幸せが訪れますように・・・スワロウズホーム おく
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by おく
 
[スポンサー広告
ツバメのツバちゃん
 最近つばめが、たくさん飛んでいますね
それを見るとツバちゃんとツバの助を思い出します
あれは4年前の夏に、1匹のツバメのヒナが巣から落ちてしまいました
かわいそうなので、人間の臭いが付かないように手袋を履いて巣に戻しましたが、スグにまた落ちてしまいました
そのまま放っておくと死ぬのは目に見えてます
でも、今まで何度も育てようとしましたが、結局は死んでしまったので、今回は何としても育てたかったので、動物病院に聞いたところ
「落ちてしまうのは、そのヒナが弱いからで、それも自然の摂理だから諦めて下さい」
と言われてしまいました
そんな事くらい分かってるけど、1度手の中に入れてしまったのを死ぬのが分かってて手放すなんてできませんでした
私は「意地でも育ててやる」
と決心しましたが、今までの経験だけでは無理なので色々考えた挙句、天皇家の清子さんが勤めてられた山階鳥類研究所に聞いたり、日本野鳥の会に聞いたりして、色々と情報を得ました


016.jpg

こちらは、保護して2日目のツバちゃん
名前はピョン子がつけました
017.jpg

こういう野鳥は人から餌を食べないそうですが、ツバちゃんは1日目は無理やり食べさせてましたが、2日目からはご覧の通り、ピーピー鳴きながら喜んで食べてました

でも、しばらくの間は私も大変でした
毎日、ツバちゃんと一緒に御出勤でした
そして、休み時間の度に餌を食べさせてました
帰りに買い物に行く時は車の中に放置できないので、知り合いの車屋に預けてお買いもの

015.jpg

そして、どんどん育って、しまいには御覧の通り手乗りツバメ
です
011.jpg

それから、舅が家で餌をあげてくれることになったので任せていたら
ある朝、鳥籠を開けたまま忘れていたら逃げてしまっていました
「きっと巣立ちしたんやわ」
とみんなでツバちゃんの幸せを祈ってたら、お昼頃に、ツバちゃんを置いていた納屋からツバメの鳴き声が・・・
慌てて行ってみたら・・・
帰ってきてるぅ
お腹が空いたんだと思って餌をあげました
そして、お腹がいっぱいになるとまた飛んで行って、また帰ってきて・・・
夜になると、ちゃんと自分でかごに入ってる
まさしく、ツバメの放し飼い(笑)

それに、幸運なことに、毎朝親鳥や兄弟が迎えにきてました

外の電線にとまってるのを見て餌を見せて
「ツバちゃ~んご飯やでー」
と言うと頭にとまってきて、そのまま納屋に連れて入ってご飯・・・
ウソみたいな話

でも、このままでは寒くなるまでに渡れなくなりそうなので、心を鬼にして、少しずつ餌をあげる回数を減らし、夜も中に入れないようにしました
そのうちツバちゃんは見かけなくなりました
子供達も寂しがってましたが、それは仕方のないことです
 せめて、ツバちゃんが次の年に帰ってきたら分かるように足に赤い足輪を付けておきました

結局次の春、ツバちゃんは帰ってきませんでしたが、子供にも命を大切にするとてもいい経験をさせてやれたような気がします
きっと、ツバちゃんはどこかで幸せにしてくれてるでしょう
そう願ってます

そして、次の年もヒナを育てました
つばの助です
写真はありません
結構大きくなってたので、1か月ほどで巣立って行きました
そのきっかけも、また舅の籠の閉め忘れ
いいのかわるいのか・・・

+おまけ+
去年は、イチゴの網に絡まったムクドリを保護しました
羽根を怪我していたので、動物病院に連れて行ってレントゲンを撮ってもらって、抗生物質まで貰って帰ってきたのに、次の日逃げてしまいました
どうして逃げたか聞かないでください
毎回の事ですから(苦笑)
スポンサーサイト
Posted by おく
comment:0   trackback:0
[未分類
comment
comment posting














 

trackback URL
http://swallowshome.blog68.fc2.com/tb.php/133-0cf39b89
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。